B型肝炎について

昨今、メディアでも取り上げられているB型肝炎問題について、どの程度ご存じでしょうか?耳にはするものの、具体的にはわからない場合もあるのではないでしょうか。そもそもB型肝炎は、どんな病気なのでしょう。B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが血液や体液を通して感染させる肝臓の病気です。B型肝炎も一過性の感染と持続感染があり、感染したときの自分の健康状態により変わり、出産時に感染、あるいは乳幼児期に感染すると持続感染となる傾向があります。

注射器では、B型肝炎問題とそのB型肝炎訴訟については、どういうものなのでしょうか。B型肝炎問題とは、満7歳の昭和23年から昭和63年までの間で集団予防接種などを受けた際に、注射器が交換もされずに連続して使われた事が原因で、B型肝炎に感染してしまった事を言います。その当時に、集団予防接種などによってB型肝炎に感染してしまった方が、国に対して賠償請求したのがB型肝炎訴訟です。その後、国と原告側との間で合意に至り、給付金が支給されることになりました。また、感染後ある一定の期間を経過して、感染による死亡や肝がん、重度や軽度の肝硬変になった方々にも支給することが決まりました。

このサイトでは、B型肝炎に感染した方で、どういった方が給付金を受け取れるのか、そして、給付金を受け取るにはどのようにしたら良いのか紹介します。そのような事がないのが一番良いのですが、もしかしたら、自分もそうかもしれない、あるいは、知人の方である場合にも、参考にしていただければ幸いです。