給付金は受け取れる?

B型肝炎に感染した方で、国からの給付金を受け取れる方には条件があります。給付金を支給される対象者にはいくつかのパターンがありますので紹介します。もしも、自分もそうかもしれないと思っているなら、どこに当てはまるのか確認してみると良いでしょう。

一つは、一次感染の方です。一次感染の方は、満7歳になるまでの、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間で集団予防接種などを受けてB型肝炎ウイルスに感染してしまった、持続感染である方の事を言います。

母子感染二つ目は、二次感染の方です。二次感染の方とは、一次感染者である母親からの母子感染した持続感染の方を指します。

三つ目は、三次感染の方です。一次感染者の祖母からの母子感染で二次感染者となった母親からの母子感染した持続感染の方を指します。

最後は、B型肝炎ウイルスに感染して亡くなった方の遺族です。

支給金は、B型肝炎ウイルスによる発症の程度により受け取る金額が変化します。発症しなくとも、B型肝炎ウイルスに感染していることが認められれば、相応の額が支払われますので、もし、自分自信も該当するかもしれないと思ったなら、B型肝炎訴訟に詳しい専門家か弁護士に相談してみると良いでしょう。