給付金を貰うには?

母子手帳給付金を受け取るには、まず給付の対象者であることを認めてもらう必要があります。給付対象者の認定は、裁判所にて国に対して、損害賠償の訴訟、あるいは調停の申し立てを行い、更に和解手続きを行うことで、支給資格を得ることができます。裁判所で損害賠償の訴訟を起こすには、いくつかの書類が必要になります。

まずは、B型肝炎ウイルスに持続感染しているかどうかを確認してください。訴訟するにあたり、この血液検査結果が必要となります。

次に、一次感染の方について、集団予防接種などで注射器連続使用によってB型肝炎ウイルスの感染の確認ができ母子手帳や予防接種台帳といった書類を用意しましょう。更に、母子感染や父子感染でない事を証明する書類や、集団予防接種など以外からの感染原因ないことが確認できる医療記録、成人期の感染でない証明のジェノタイプ検査結果が必要で

二次感染の方については、一次感染者の書類に加え、一次感染者から感染された二次感染者であることを証明する血液検査結果などが必要です。

こうした書類集めが大変だと感じたなら、B型肝炎訴訟に詳しい専門家か弁護士に依頼すると簡単に進めることができるので、気持ち的に楽になるのではないでしょうか。


参考・・・B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所